2014年06月20日

顎咬合学会に行ってきました

DCIM0136.JPG こんにちは。衛生士の大塚です。
 6月15日に東京国際フォーラムで行われた顎咬合学会に行ってきました。ホールごとに様々な講演が行われていました。私が聞いてきたのは「6歳臼歯を守っていくことの大切さ」「成人歯周病を診ていくのに歯科衛生士として注意しておくべきこと」について聞いてきました。
 講演の内容を聞いて、6歳臼歯が噛むことに重要な役割を果たしているので、子供のころからむし歯にならないように守っていかなければいけないと改めて思いました。6歳臼歯は6歳ごろに生えてくる大人の奥歯になるので、検診に来てくれた親と子供に6歳臼歯の大切さを伝え、むし歯にならないように予防していきたいと思います。
posted by 木村歯科医院 at 14:10 | 大塚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする