2017年01月28日

ペリオドンティストが歯を守る

「ペリオドンティスト(歯周病専門医)が歯を守る」とは2013年に行われた臨床歯周病学会学術大会のテーマです。


 以前ブログでもお書きしましたように現在、虫歯の数は急激に減少しており、歯を失う原因の7割は歯周病という統計結果がでています。


 では何故歯周病で歯を失う人が多いのか。それは現在の歯科治療の中心が予防とインプラントの2つの大きな柱で成り立っているからです。歯肉炎や初期の歯周病であれば従来から行わわれていたブラッシングとクリーニングで長期間維持することは可能でしょう。また、歯周ポケットの深さが10ミリ以上で骨が大部分溶けてなくなっている人は今の技術をもってしても残念ながら残すのは難しいので抜歯してインプラントでも仕方がないかなと思います。


 問題はその中間、ポケット6から8ミリくらいの中度歯周病の治療が一切行われておらず長期間放置されている現実です。確かに歯周病は静かに進む病気ともいわれ中程度では症状が出ないか出ても一過性のことが多く患者さん自身では気付かないことが多いのです。


 それに気付かせてあげられるのは歯医者しかいません。もし定期的に歯科医院に通っているのであれば1年に1回は歯周病の精密検査を受け静かに進んでいる歯周病を早期に発見できればペリオドンティストはそれを確実に治療出来るさまざまな方法をもっています。


 ずっと歯医者に定期健診で通っていながらある日突然、抜歯を宣告されインプラントを勧められる。このような悲劇を少なくするためにも歯周病をきちっと治せる歯医者でクリーニングだけでなく精密検査を受け歯周病を発見してもらいましょう。

posted by 木村歯科医院 at 12:33 | 医院長(木村) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする